ジャイアント・ハンマー

杭を地面に打ち込む時には、6,000 kg (13,200 ポンド)の重量のものを持ち上げ、150 cm (5フィート)の高さから加速させ、105 キロジュール(78,000 フィートポンド)の力で衝突をさせる。1分間に60回を繰り返す工程を一度に数時間行います。当然のことながら、機器にとっては信じられないほど厳しい状況です。

ほぼ50年前に設立されたため、カナダ企業であるDFIは、100万本以上の鋼鉄製の杭を打ち込み、11,000 km (7,000 マイル)以上の深さを測定するという、十分な経験を持っています。杭の輸送と打込みに加えて、DFIはまたその機器のほとんどを設計、製造しており、専用のクレーンやハンマーの運営しています。その最新のハンマー、HHB600-60はその製品のなかで最も耐性があり高性能なハンマーです。

DFIは、1996年の初期の設計から、クレーンの油圧ハンマーに使用される大きい部品を固定するためにスーパーボルト・テンショナーを使用しています。それ以来、DFIエンジニアは継続してクレーンを改善、アップグレードし続け、オリジナルの設計から他のすべての部品が取り替えられても、唯一残っているものが、スーパーボルト・テンショナーです。従来のロックワッシャーも、その信頼性の実績からノルトロックワッシャーに置き換えられました。 

顧客:DFI
最大駆動エネルギー: 105 キロジュール/ 78,000 フィートポンド
製品: HHB600-60 油圧式杭打ちハンマー
打撃数/分: 60回/分

More insights and references

Driving a pile into the ground involves lifting a 6,000 kg (13,200 pound) weight and accelerating it from a 150 cm (five feet) height, creating a 105 kilojoule force (78,000 foot pound) collision – a process that is repeated 60 times a minute, for hours at a time. Understandably, it is incredibly demanding on equipment.

Secure connections

ボルト締結の課題を解決する ソリューションをお探しですか?

あらゆるボルト締結の課題を共に解決 テクニカルサポート ボルト締結のご相談や訪問セミナーご依頼等 お問合せ

Contact Us

お問合せにていただいた個人情報等のお取扱いについては プライバシーポリシー をご覧ください。

ノルトロックへのお問合せ、ありがとうございます。担当より1営業日以内にご連絡申し上げます。